オダリサーチファーム  野付牛  山のうえの展望広場

ODA RESEARCH FARM

野付牛が届くまで。

健康な牛だけが野付牛に

牧場に導入された牛たちの耳には、耳票というものがついています。
この耳票には、
①個体識別番号(10桁)
②耳票番号(6桁)
③自家耳票(3桁)
以上の3つがあり、最低でも2種類の耳票がすべての牛に付けられます。

その中でも、
日本国内のすべての牛に付けられる①の個体識別番号では、性別、出生年月日、品種、出生地・飼育地などにいたるまで一頭一頭を識別するための基本情報が、この番号で管理されています。

この個体識別番号で様々な牛のトレーサビリティ(生産履歴)を、
独立行政法人 家畜改良センター「牛の個体識別番号検索」サイトで確認することができます。
もちろん、オダリサーチ・ファームで飼育されている牛たちにも付いており、
いつでも皆さまが生産履歴を確認できるからこそ、安心・安全の野付牛をお届けすることをお約束することができるのです。